TOPページ 電解研磨の原理 電解砥粒研磨 電解砥粒研磨実績 高速電解研磨 電解研磨法比較 貴社の課題解決 会社概要
                                 
・研磨に関わるコンサルティング事業
  電解砥粒研磨を主体として、研磨技術に関わるご相談に応じます。
  電解砥粒研磨研究の第一人者の清宮紘一、研磨加工理論と超精密研磨研究の第一人者の河西敏雄を取締役に擁
  し、産業技術総合研究所との共同研究体制とも相俟って、先端研究を踏まえてコンサルティングを行います。
  また、ご要望により研磨試験も行います。
 
・研磨設備のエンジニアリング事業
  コンサルティングや研磨試験の結果により、研磨設備の導入をお考えの場合は、設備の計画、設計、製作、工事、試   運転、引渡しまでの一連のエンジニアリング業務を行います。
 
・研磨による部品加工事業
  コンサルティングや研磨試験の結果により、研磨加工をご希望の場合は、当社とタイアップしてノウハウを熟知したメー  カーを起用して部品加工を行います。
 
 
商号 株式会社 トップテクノ
代表取締役 原田 典(つかさ
所在地  〒314-0005 茨城県鹿嶋市高天原1-4-6
連絡先     tel 0299-87-1420   fax 0299-82-9380
e-mail 
web 
http://www.toptechno.co.jp 
設立年月  2003年6月 
資本金 300万円 
特記事項  (独)産業技術総合研究所 AISTベンチャー企業 
会社紹介
概要 
代表取締役 原田 典
 32年間関西系大手鉄鋼会社に勤務し、製鉄所や本社及び関係会社で、製鉄設備や産業機械の企画、計画、設計、
 建設などの設備エンジニアリング業務に従事。
 2001年同社を退職し、以後産業技術総合研究所に勤務し、電解砥粒研磨関係の研究に従事。
 2003年6月潟gップテクノ創立。
 
取締役    清宮紘一
 大学院卒業後(旧)工業技術院機械技術研究所((現)産業技術総合研究所)に入所。
 電解砥粒研磨を主要な研究テーマとし、その成果を多くの学会等で発表。
 砥粒加工学会、電気加工学会等の会員。電解研磨関連書籍の執筆は多数。登録特許は16件。
 
取締役    河西敏雄
 大学勤務及び日本電信電話公社を経て埼玉大学で1987年教授、2002年名誉教授、同年東京電機大学特別専任
 教授。
 研磨加工理論及び超精密研磨の分野で発表論文や執筆・監修書籍は多数。
 精密工学会、日本機械学会等の会員、日本学術振興会委員。
 産業技術総合研究所の客員研究員。工学博士。
 
 
主な事業 
役員
トップテクノは、(独)産業技術総合研究所のつくば東事業所の中にあって、研究所からベンチャー支援企業として認定
された会社です。
研究所で培ってきて、世界的に注目されている電解砥粒研磨技術をベース技術として、炭素鋼はもちろん、ステンレス、チタン、アルミニウム、Ni基合金、ハステロイなどあらゆる金属の表面を従来の機械的研磨や電解研磨を大幅に上回る能率で従来達し得なかった高い鏡面度を実現する技術を提供致します。
 
それは半導体関連のようにナノレベルの鏡面度を要求される分野から、バイオ、医療、食品、あるいは建材用の意匠材料まで、様々な鏡面度のニーズに対応するものです。
 
非金属の分野では、ガラス、石英、各種セラミックスなど半導体や光学用途における高度な研磨技術への対応も致します。